株式会社山下石材|愛媛県|松野町|鬼北町|宇和島市|供養|墓所|墓石|石材|お墓|墓|リフォーム|クリーニング|墓地|墓所|霊園|愛媛県北宇和郡|南予

 

コラボレーション

 

ストゥーパ

ストゥーパ
 
泰平寺×永代供養塔
泰平寺×永代供養塔の説明
 
【泰平寺 × 永代供養塔】
 
 この程、宇和島市「泰平寺」におきまして「ストゥーパ」と「釈迦如来」を用いた『永代供養塔」』を建立致しました。
 
 皆さまは「お釈迦様」は聞かれたことがあるかと思いますが、「ストゥーパ」という言葉を初めて聞いたという方が多いと思いますので、少しストゥーパの説明をさせて頂きます。
 
 ストゥーパとは、お釈迦様のお墓である「仏塔」のことです。漢字に音写する日本では“「卒塔婆」”と言われます。
これはインドから中国に大乗仏教が伝わると同時に、ストゥーパも伝わったと云われています。
 インドの仏塔は「ストゥーパ」「チャイティヤ」(※1)と二つに分かれ、「ストゥーパ=仏舎利」(※2)、「チャイティヤ=供養塔」という意味です。
 
仏教はインドで始まったものですから、それを習いますと「仏舎利塔」「供養塔」の違いは「お骨を納めているか」という違いになります。

 ところがこの違いを理解できなかった当時の中国は、中国伝統的な「魂魄」(※3)にあてはめ、「チャイティヤ」はお釈迦様の霊魂を祀る意味で「廟(びょう)」と訳され、ストゥーパは遺骨を納める「墳墓」と訳され、ここに誤解が生じました。
なぜなら本来、インドのチャイティヤには、お釈迦様の霊魂を祀る施設は現在にもありません。

 話を泰平寺の永代供養塔に戻します。
星野隆信住職に写経をして頂き、ストゥーパの中に納経致しました。
釈迦如来座像(石井成観仏師作)を正面に位置し、ストゥーパを基壇の上に配置。
 これで泰平寺の永代供養塔の完成です。
奥ゆかしい、意味の深い、最高の仏舎利となりました。
まさに、これぞお墓。
 
この地の仏様として祀られてほしい、心からそう思えるお墓が、ここ泰平寺に完成したのです。
 
※1:チャイティヤ(供養塔)の説明もしたいですが、長くなるので割愛致します。
※2:「舎利」とはお骨のこと。
※3:魂魄の説明は本ホームページ「
http://y-ishiya.com/publics/index/9/detail=1/c_id=35/r_id=20/&anchor_link=page9_35_20#page9_35_20」のリンクをご覧下さい。
 

山下石材 山下武久社長より
~泰平寺永代供養塔へ込めた想い~
 
 少子化や都会への人口流出に伴い、墓守の居なくなったお墓が増えてきた今日、ここに泰平寺永代供養塔霊廟を建立致しました。
 この永代供養塔は、曹洞宗のご本尊である釈迦牟尼佛を半肉彫りで現し、霊廟の上には佛のシンボル(墓)であり日本人のお墓の原点であるストゥーパ(卒塔婆)があります。紀元一世紀頃のインドのアジャンタ洞窟寺院にあるストゥーパを模して造られました。
 お釈迦様は、人々を幸せにするためにストゥーパの礼拝を勧めています。死者の冥福と生者の幸せの為にお墓は存在するのです。
 そして私たちは、親やご先祖様のお陰で存在することが出来るのです。
                           感謝
奈良山霊苑
〒798-1351
愛媛県北宇和郡鬼北町奈良
4731-1
TEL.0895-45-0164
FAX.
0895-45-2860
営業時間
9:00~17:00
定休日
1月1.2.3日
※12月31日は15時まで
───────────────
≪奈良山霊苑管理事務所≫
・霊苑管理
・墓地区画
・樹木葬
・永代供養塔
───────────────
株式会社山下石材
〒798-2101
愛媛県北宇和郡松野町大字松丸
310番地
TEL.0895-42-0136
FAX.0895-42-1566
営業時間
8:00~17:00
定休日
・毎月第2土曜日
・日曜、祝日
・年末年始休業
・夏季休業(8月12日~17日)
───────────────
≪墓石・灯籠等の加工製造・販売≫
・オリジナル墓地設計
・お墓のリフォーム
・お墓のクリーニング
・墓地移転
・追加文字彫り
・石張り工事
・表札
・束石
・庭灯籠
・ガーデニング小物
・テーブル・ベンチ
・記念碑       etc...
───────────────
<<株式会社山下石材>> 〒798-2101 愛媛県北宇和郡松野町大字松丸310番地 TEL:0895-42-0136 FAX:0895-42-1566